有記名茶


所在:
台北市重慶北路二段64巷26号

営業:9:00~20:00

日曜休日

URL:http://www.wangtea.com.tw/

 アクセス:
MRT淡水線雙連駅から徒歩15分

管理人のコメント:
 有記名茶は、台北の大稲埕にある1890年創業の「百年老店」と呼ばれる老舗の茶商です。重慶路の朝暘茶葉公園の脇にあります。このあたりは、かつては大きな卸茶商が集まっていたところ。現在は少なくなりましたが、「有記名茶」を経営する王有記茶行は現在も経営を続ける茶商の一つです。
 店に入ると、手前が茶葉の販売店、奥が工場になっています。ここでは昔ながらの炭火による茶の焙煎が行われて、今でも現役の設備を見学させてもらうことができます。卸もやっていますが、観光客にも入りやすい、広くて明るいお店です。ゆったりとした試飲のための茶席があり、センスよく扱いやすい茶器も揃っています。おすすめは文山包種茶。いろいろなランクの茶葉があるので、試飲させてもらうといいでしょう。

 有記名茶は、松山文創園区の誠品生活松菸店にも出店しています。
    
    
重慶北路にある朝暘茶葉公園

 公園の周辺には、現在でも茶葉卸を営む店が多い

「有記名茶」は重慶北路から10mほど入ったところ、茶葉公園に面している

 店内には、いくつか茶席があって、ゆっくり試飲させてもらうことができる

店の奥は茶葉の工場。手作業で茶葉の仕分け中

奥の工場から店の方向を見る。間口に比して奥行きの深い商家の造り

店の奥にある焙煎工場。一つ一つの籠の下に炭火の炉がある。今でも現役の工場

 大稲埕の老舗茶葉店の店頭に見られる看板

 こちらは「誠品生活松菸店」の有記名茶にある、炭火焙煎のディスプレー



台湾のお茶Topに戻る
台湾島Topに戻る