阿里山珈琲を飲ませてくれるレジャー農場「龍雲農場」

嘉義から阿里山に向かって進むと、途中に茶畑の広がる一帯がある。阿里山茶の産地石桌である。そこから少し入った山中に、龍雲農場がある。農場の一角に作られたテラス「龍雲居」では、阿里山珈琲をいれてくれる。

龍雲農場は、設備の整った宿泊施設を持つレジャー農場で、四季折々の豊かな自然の中でゆっくり時間を過ごすことができる。龍雲農場の詳細については、台湾レジャー農場のページで紹介中→龍雲農場

阿里山珈琲に惚れ込んだ日本人が売るAlisan Coffee

阿里山珈琲に惚れ込み、このコーヒー豆を多くの人の飲んでもらいたいと台湾に移り住んで活動している伊藤篤臣さん。伊藤さんが焙煎した阿里山珈琲は、「好,丘」「Fuji Tree 355」や台北松山空港の土産物店で購入できる。
詳細はAlisan Projectで。→Alisanproject.com

阿里珈琲を飲んだり買ったりできる「好,丘(ハオチゥ)」は、ベーグルで有名なカフェと台湾産品を扱う雑貨店が併設された店。場所はTaipei101の近くの「四四南村」の中にある。一番下の写真の左端に、伊藤さんの姿。→四四南村



台湾コーヒーTopに戻る
台湾島Topに戻る