雲林県の古坑珈琲は台湾では歴史あるコーヒー産地

古坑の高台崋山地区には、咖啡の看板を掲げたレストランがたくさんあった。雲林県の古坑は台湾でも有数な咖啡の産地であることは聞いていたが、下調べなく出かけたので、状況がよく分からない。そんな中で、山の上にある一軒のレストランに入ってみた。

緑の豊かな「微風山林」という名前のレストランで、雰囲気はとてもよい。広い芝生の庭を挟んで、母屋の建物と、庭の外れの古坑の街を下に見る屋外の席に分かれていた。

庭には昔の農機具なども置かれている。

庭からの眺望は抜群だ。熱帯の樹木も茂っていて、南の国に来たことを実感する。しかし、何となく雲行きが怪しくなってきた。

この店のコンセプトは、もちろん咖啡もあるが、あくまでレストラン。ステーキを筆頭に、牛、豚、鳥の肉料理、しゃぶしゃぶ、鍋料理など、いろいろなメニューがそろっている。写真は、きのこ鍋。

こちらは、チキンソテー。台湾はどこに行っても鶏肉はおいしいが、このレストランも地鶏を使ったおいしい肉だった。

ちょうど食事が終わった頃、激しい雨が降り始めた。外にいたお客さんは、あわてて母屋のレストランに駆け込む。

熱帯性のスコールでもやに包まれたようになった。

広い母屋のレストランで食後の咖啡。もちろん、地元古坑産の豆を選ぶ。渋みは少なく、マイルドな感じ・

そうこうしているうちに雨も上がった。毎年「咖啡文化節(コーヒー祭り)」が開かれるほどの大きな産地だというので、また日を改めて訪ねたいと思う。

レストランは産地にあったが、写真は山の麓にある「古坑緑色隧道(緑のトンネル)」。木漏れ日が美しくさわやかだ。

咖啡文化節のときには、この一帯(トンネルの左右は緑地になっている)も会場になると聞いている。

「微風山林自然餐庭」
住所:雲林県古坑郷崋山村松林路54-6号
電話:05-59019257
営業時間:10:00~21:00(土、日曜~22:00)

休日:無休



台湾コーヒーTopに戻る
台湾島Topに戻る