濟南鮮湯包

住所:台北市濟南路三段20号

電話:02-8773-7596

営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00

休日:旧正月

アクセス:
MRT板南線/中和新蘆線忠孝新生駅から徒歩10分


特徴:
 繁華街からは離れた場所にあり、地元の人に人気の店。ツアーなどの団体観光客は少なく、落ち着いた雰囲気。ランチタイムは近所のサラリーマンなど地元の客でいつも賑わっている。
 店内はスッキリ明るい。外から見て満席でも地下にも席がたくさんあるので、混んでいても回転は早い。日本語のメニューもあり。

管理人のコメント:
 台北でおすすめ小籠包の店の一つ。繁華街ではないが、忠孝新生駅からさほど遠くない。観光客がどっと押し寄せる店ではないが、地元のお客さんでいつも賑わっている。低めのテーブルに椅子のスタイリッシュなカフェ的雰囲気。
 1階の席からはオープンキッチン(といってもガラスで仕切られているが)でせっせと小籠包を包むスタッフが見える。注文が入って包むと聞いているが、お客さんでいつもいっぱいなので、休みなく常に包み続けている。薄い皮に包まれた熱々でフレッシュな小籠包は、プレーンの豚肉と、カニ味噌入り、ヘチマとエビ、野菜の4種類。他に、蒸しキャベツや炒飯もおいしい。


モダンな外観

圓籠鮮湯包。プレーン味の小籠包。大きめでヒダの多い薄い皮

絲瓜蝦仁包。おすすめのヘチマとエビの小籠包。ヘチマの緑とエビの赤が薄い皮から透けて見える。さっぱり味で中のスープもおいしい

田園花素餃。ヘルシーな野菜たっぷりの蒸し餃子。台湾で食べ疲れ(?)のお腹にもやさしい

櫻花蝦蒸高麗菜。サクラエビがのった蒸しキャベツ。小籠包とセットで頼む人が多い

破布子蒸高麗菜。同じ蒸しキャベツでもこちらは破布子という木の実漬けをあしらったもの。甘からい独特の味つけで漬けてある

魩(魚へんに勿)仔魚炒飯(シラスの炒飯)。さっと炒めたシラスがたくさんのっていて、香ばしくおいしい

小皿料理は、ケースから好きなモノを選ぶスタイル。これは醤焼苦瓜。ニガウリの甘辛煮。台湾の白苦瓜は苦味が少ない

小皿料理の烤麩。歯ごたえのある麩とシイタケを甘辛醤油で煮てある

乾麺(細麺)

鯛魚湯(タイのスープ)

蝦仁烘蛋(エビ入り卵焼き)。肉味噌ふうのソースが掛かっている



おすすめグルメTopへ戻る

台湾島Topへ戻る