彩虹來了

住所:台南市中西区正興街100号

営業:14:00~21:00

休日:火・水曜

URL:http://www.rainbowiscoming.com/

管理人のコメント:
 彩虹來了という店名は、虹を見たときの喜び、感動を大事にしたい、そんなところからついたそうです。。台南のホテルだったかカフェだったかに置かれていた雑誌で、台南の新しい潮流のひとつとして紹介されているのを見て、出かけてみました。
 海安路に近い市街地西よりの古い商店街の一角で、築50年近い古い家屋をリノベーションした店です。Tシャツ、布製バッグ、アクセサリー、文房具などの雑貨が中心で、「シンプルであることが心地よい」をコンセプトに、若い人たちが始めた店です。台湾製にこだわり、デザインから製作、販売まで一貫して手がけています。

 余談になりますが、この店の商品カタログになったポストカードを見ていたら、実覚えのある写真を発見。台南郊外にあるレジャー農場、仙湖農場の龍眼を燻す作業場がロケ場所として写っていたのです。聞いてみると仙湖農場の2代目夫婦とは友達なんだそうです。あとでわかったのですが、仙湖農場のHPの製作会社が「彩紅來了」になっていて、2度びっくりでした。
    
    
2007年、オンラインショップとして設立。3年後に築46年のこの建物が気に入って、コンセプトショップとしてオープンしたという。左側の通路のような所が店の入口。

店の入口はなぜか極端に狭い吹き抜けになっている。二階から見下ろしたところ。

お店に置かれている商品は、シンプルだけどカラフル。

2階への階段が見えるが、2階には商品はなく、小さなソファと本棚が置かれた「まったりスペース」みたいになっていた。おしゃれな台南地元誌なんかもあって、街歩きの参考になる。

ここにもあった。狭い吹き抜けの壁に貼られた反核の旗。


台湾の雑貨店Topに戻る
台湾島Topに戻る